会員登録で最大60%OFFで商品をご購入いただけます! 健康サプリはこちら 基礎化粧品はこちら 健康グッズはこちら
健康食品販売のSHOP-D >  BLOG >  お役立ち情報 >  【本当にあった】真夏の午前中【残暑の怖い話】
BLOG

【本当にあった】真夏の午前中【残暑の怖い話】

20160825

 

午前9時。
暑いです。
よくもまあ、セミってこの暑さで焼け落ちないなと
思うくらいに暑いです。

 

お盆休み中、田舎に帰省したRさんは、
草刈りをしていました。

 

たしかに、普段住んでいる街よりは
涼しいかと思います。

 

しかも、まだ午前中。
木かげに入れば涼しい時間帯ではあります。
にも関わらず、
Rさんは夏の大妖怪に襲われることとなりました。

 

熱中症です。

 

倒れこみ、けいれんを起こしました。
Rさんは、高齢者でもなければ幼児でもなく(そりゃそうか)
日中引きこもり続けているわたしのような
休日擬似引きこもりでもありません。

 

そのRさんが一時間も作業をしていないのにもかかわらず
急激に危険な状態になったのです。

 

幸いなことにすぐそばに家族がいたので
救急車を呼んでもらい事無きを得たのですが、
一人だけだったら最悪の事態になっていたかもしれません。

 

もう夏も終わりに向かっていますが
こんな恐怖体験、味わうことのないように…。

 

-なかしま

 

P.S.
炎天下でゴルフや野外での作業など
汗をハンパなくかく状態の時は
水はもちろんのこと、塩分補給が欠かせないのですが
そういう時、もうそのまま塩を舐めるくらいがいいそうです。
(Rさんがとあるプロから聞いたお話)

 

水と、食卓塩を装備しておくのがいいかもしれません。

 

もちろん、調子が悪いと感じたら
無理は禁物です。

 

「クーラーかけるのもったいない」
「営業周りで休憩してるヒマなんてない」
「ちょっとそこまで買い物いくだけだし大丈夫」
「日焼け止めぬってるし(謎)

 

まずは、自分をいたわってあげてください。

 

P.P.S.
今週はSHOP-Dのフェイスブックでは
怖い話特集をしています。
なんとなく涼しくなりたいあなたは
今すぐアクセス↓↓↓
https://www.facebook.com/shopd.dainichi/

もし若干怖くなったら、「いいね!」ください♪

送料発送について
お支払い方法
返品について