会員登録で最大60%OFFで商品をご購入いただけます! 健康サプリはこちら 基礎化粧品はこちら 健康グッズはこちら
健康食品販売のSHOP-D >  BLOG >  お役立ち情報 >  【本当にあった】かなしばり【残暑の怖い話】
BLOG

【本当にあった】かなしばり【残暑の怖い話】

20160826

 

これは、わたくしなかしまが実際に体験しました。

 

その日は、なかなか寝付けなかったので
缶ビールを飲みながら、ネットサーフィンし
眠気が来るのを待っていました。

 

今思えば、閲覧するサイトのチョイスが
完全にアウトでしたね。

 

「本当にあった怖い話」
「2ちゃんねるの怖い話スレッドまとめ」
「くねくね」
「おつかれさま」
(勇気と興味のある方は検索してみてください。
当方何が起こっても責任を負いかねます。と、脅してみる)

 

だんだん眠くなってきたので、電気を消して布団に入りました。

 

…なのですが、ネットでみた怖い話のイメージが
眠気を追い返していました。

 

ビールを飲みながら明るい部屋で見ている怖い話は
そこそこパンチのきいた肴みたいなものでしたが

真っ暗な真夜中の部屋では
ただの恐怖でしかありません。

 

眠れないのですが、目はぎゅっと閉じていました。
間近で誰かが覗き込んでるかもしれない。
部屋のすみに誰かが佇んでるかもしれない。

こんな妄想に取り憑かれると、目なんて開けられません。

 

そんな状態ではありましたが、いつのまにか
眠りについていたのですが…

 

どれくらいの時間がたったのかわかりません。
急になにかの気配を感じ、思わず目を開きました。

真っ暗な部屋、時計は暗くて見えません。
ふと足元に目をやると…

 

そこには黒い人影。
その姿はまさに、井戸をよじ登ってくる
邦画ホラーで超有名な彼女のようでした。

 

びっくりした、どころじゃありません。
さらに体がまったく動かないんです。声も出ません。

 

恐怖しかなかったのですが
そこからの記憶があまりなく、気がつけば朝でした。

 

わたしは跳ね起き、電気を全部付けてベランダの窓全開。
ベランダの向こうはなにかの会社の建物で、
すでに出勤している人がちらっと見えたのでこちらも丸見えでしょうけど
そんなの関係無い!くらいの状態です。

 

お笑いのDVDを大音量で流しながら仕事に行く支度を始めました。
ご近所の方、朝から大変申し訳ございませんでした。

 

あの怖い話、そういえば画像をみたら呪われるとかなんとか…
わたしは呪われたんだ…。
そんな絶望にかられた朝でした。

 

-なかしま

 

P.S.
実はですね、金縛りっていうのは
ほとんどが「夢」だそうです。

 

しかも、そういう怖い話なんか寝る前に見ると
結構な確率で怖い夢をみるようで、
この金縛り体験は、わたしの自業自得でした^^;

 

眠れなさそう、という時は
ストレッチなどして体をほぐし、PCやテレビなど
光を浴びないようにして
体が「今から寝るんだな」とわかるようにしてあげましょう。

 

と、自分に言い聞かせています…。

送料発送について
お支払い方法
返品について