会員登録で最大60%OFFで商品をご購入いただけます! 健康サプリはこちら 基礎化粧品はこちら 健康グッズはこちら
健康食品販売のSHOP-D >  BLOG >  雑記 >  本当に、南の島で誰とも会わずに1人でいたいですか?
BLOG

本当に、南の島で誰とも会わずに1人でいたいですか?

60代の主婦の知り合いがいます。
今でも仕事や趣味をバリバリやってます。

 

お子さんもいて(といってももう立派な成人ですが)
妊娠していた時も仕事をしていましたが
流石に臨月から出産後数ヶ月は仕事をやめていたそうです。

 

出産前の話を聞くと、
「仕事行かなくてらくちんーて思ったけど
ずっと家にいるのは、一ヶ月で飽きた。働きたくてウズウズしてた」
とのこと。

 

そして、別の方。
この女性はお腹に赤ちゃんがいたころ
旦那さんが単身赴任していたそうです。

 

友達や親戚などもいない土地で、
ずっと1人で家にいて、
だれとも話さない日もあったとか。

 

もう、気が狂いそうになったと語っていました。

 

ちなみにこの人、ほっといたらずーーーーっとしゃべってますw
確かに、だれとも話せないっていうのは、彼女にとっては
最大級の苦痛だったかもしれません。

 

そして、わたし。
前述の2人と比較するのがもう恥ずかしいのですが

 

「死ぬまで南の島のヤシの木かげでハンモックに揺られながら
The Boomの曲でも聴いて一日すごしたい」

 

「お姫様が寝てるようなベッドまで朝ごはんをメイドさんが持ってきて
仕事は、自宅であるお屋敷でなんだかよくわからない書類にサインするだけ。
誰かとの打ち合わせとか面倒なことは
イケメン執事が全部やってくれるような生活がしたい」

 

という、人に話したら「うん、そうなったらいいね」と
失笑されるような希望をいだいていました。

 

こんな事、死ぬほど働いて人間関係やらなんやらで
身も心もズタボロになった人が
遠い目をしてつぶやくことしか許されない気がします。

 

ただ、聞いて欲しいのが
わたしはこういう希望をいだいて「いた」ということ。

 

過去形です。
今はそんな生活、したくありません。

 

一週間、二週間、せいぜい一ヶ月くらいなら、
きっと楽しいでしょう。

 

けれどこれは、前述の主婦の方のように
「仕事行かなくていい、らくちん~♪でも、飽きた」

 

と、同じ状態になるはずです。

人と会って喋ったり、誰かの役に立ったり、
「ありがとう」と言われたりすることは
なによりの心の栄養、サプリメントです。

 

そりゃ、イヤなこともあるし
キライな人と話さなきゃいけないこともあるし
思い通りにならなくて悲しいことだってあるはずです。

 

でもやっぱり、「ありがとう」
「助かった」「うれしい!」
は、言われたり、言ったりすることだけで
ものすごいパワーが湧いてきます。

 

ただし、どうしても気分が晴れない。
つらい、悲しい、イライラする。
そういう時こそ、南の島まで行くのは難しくても
ちょっと休憩することは大事です。

 

お腹が痛い時に、むりやりご飯を食べても悪化するのと同じで
回復するまでは心も栄養より休息をとったほうが
治りも早いと思いますよ!

 

心が健康なときは、
いい栄養を摂って、心を満たしてあげましょう!
それは、外にでて、人と会って話すことです。

 

-なかしま

 

P.S.
でもやっぱり、、、
南の島には行ってみたいです^^

送料発送について
お支払い方法
返品について